シンプルでステキな毎日☆

2歳と6歳の男の子を育てる専業主婦の日記です。シンプルだけど、ちょっとかわいい暮らしを目指して試行錯誤しています。

【幼稚園】初めてのお弁当作りのポイント

f:id:hmoca:20180314002259j:plain


もうすぐ幼稚園に入園。
初めてのお弁当はどうしようかな…。


キャラ弁はちょっと無理でも
かわいいお弁当がいいな…。




3年前に、息子よりもドキドキ・
ソワソワしながら入園準備を
したのを今でも覚えています。


わたしのように、子どもの入園を機に
初めてお弁当作りに挑むママも
いるかもしれませんね。


今日は、偏食息子を持つ
料理苦手ママ(わたし)による、
初めてのお弁当作りのポイントを
お話ししようと思います。


手の込んだ豪華なお弁当を作りたい
という方にはお役に立てませんので
あらかじめご了承ください(>_<)


最初は好きなものだけ


「完食する喜びを味わうために
最初は好きな物、食べられる物だけ
入れてください。」


というようなことを、おそらく
幼稚園から言われると思います。


とにかく、始めは幼稚園で楽しく
お弁当を食べることが目的です。


栄養バランス等はあまり深く考えず
最初は好きなものだけを
入れてあげましょう。


偏食の息子のお弁当は最初
お野菜全く無しでした(>_<)

彩りはグッズにおまかせ


ミニトマトブロッコリー等、
お弁当の彩りになる野菜を一切
受け付けない息子。。。


少しでも華やかなお弁当にしたくて、
かわいいおかずカップやピックを
使って、彩りを補いました。



おかずカップはシリコンの物も
ありますが、洗う手間を考えると
使い捨ての紙カップが便利でした。


全部食べ終わると絵やメッセージが
見えるので、息子も喜びましたよ♪



食べやすい一口サイズのおかずに
こんなピックを刺すと、お弁当が
一気にかわいくなります(*^-^*)


ピックは使用禁止の園もあると
思いますのでご確認くださいね。

お弁当の量に注意


入園前に、皆さんお家でお弁当を
食べる練習をすると思います。


我が家も心配なのでたくさん
練習しました。


家で完食できていたので大丈夫
だと思い、幼稚園にも同じ量を
持たせていると・・・


「少し多いようなので、
もう少し減らしてください。」


と、先生から言われてしまいました。


初めての幼稚園。慣れない環境で
やはり緊張しますよね。


家と同じようには食べられなかった
みたいです。


おなかが空いたら可哀想…という
親心が裏目に出ました。


食べるのに時間がかかってしまい、
食後に遊ぶ時間がなかったそう…。


結局、もう一回り小さめのお弁当箱に
普段食べる量の半分を入れたくらいが
始めはちょうどよかったようです。

最後に


好き嫌いが多くて、入れるおかずに
困りましたが、何とか3年間お弁当を
作ってきました。


カラフルなおかずカップと共に
わたしのお弁当作りを支えてくれた
ものと言えば




「ドライパセリ」


どんなおかずにも風味を損なわず
彩りを与えてくれる、天使のような
存在でした。


そしてお弁当だけでなく、我が家の
普段の食事にも大活躍。


緑の野菜が苦手なお子さまは、
是非一度お試しください(*^-^*)


これからのお弁当作りが
楽しくなりますように♪



シンプルライフの参考になります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき
ありがとうございました。



読者登録ありがとうございます♪