シンプルでステキなママになる☆

5歳と1歳の息子を持つ専業主婦のmocaが、憧れのシンプルライフを取り入れ、ステキなママを目指すブログ

毎日の料理を楽にするために

こんにちは。
子育て中でもシンプルに
心地よく暮らしたいmocaです。

お越しいただきありがとうございます。


f:id:hmoca:20170506232404j:plain


はっきり言って、わたしは料理が苦手です。


献立を考えて、下ごしらえをして、
調理・味付け・・・
(合間にちょこちょこ次男1歳の邪魔が入る)


次男の構って攻撃を受けながら
わたしなりに一生懸命作っても、
家族の反応がイマイチだったり。。。
(特に、偏食の長男5歳)


頑張りが報われないと、涙が出そうになります。


ですが、そうは言っても2児の母。


「子どもたちに栄養たっぷりの手作りごはんを
食べさせたい」


子どもたちに何かと手がかかる今は、
なるべく手間と時間をかけずに頑張らないで
料理することを目標にしています。
(一般的には単なるズボラとも言います。)


食事の時間が迫っているのに、
子どもたちの相手をしていて
なかなか料理にとりかかれない焦りやイライラ。


なるべく料理に時間をかけないことで
イライラを減らし、子どもたちとの時間を
増やそうという作戦です。

1.野菜は事前にカット&冷凍しておく


わたしは次男のお昼寝中や、子どもたちが機嫌よく遊んでいるときなどに少しずつ作業しています。


作りおきとは違って、ただ野菜を洗ったりカットしたりするだけなので、数分でできます。


次男がお昼寝中に急に起きても
慌てなくて大丈夫です。

  • にら➡5㎝くらいに切って冷凍
  • 玉ねぎ➡薄切りにして冷凍
  • ピーマン➡細切りにして冷凍
  • きのこ類➡いしづきをとってほぐして冷凍
  • もやし➡水洗いして薄く広げて冷凍

※料理によってみじん切りにしたいときは、
調理時に凍った物を手でポキポキ折るか
キッチンばさみでカットします。


こうしておくと調理の時短にもなるし、
なるべく新鮮なうちに冷凍しておくことで
食材をおいしく無駄なく使いきることができます。


ピーマンは冷凍すると苦みが和らぐので、
子どもでも食べやすくなりますよ。


冷凍野菜のストックがあるとメニューによっては
包丁やまな板を使わずにすぐ調理ができるので、
忙しい時や疲れている時にすごく助かっています。

2.何でも多めに作っておく

スープや味噌汁は2日分まとめて作ります。
残った分は鍋ごと冷蔵庫に入れています。


次の日はそのまま温めて飲んだり、
卵や豆腐等を追加することも。


具だくさんのスープを作っておいて、
具だけを次の日のお昼のパスタやうどんに
使い回すこともあります。


その他には、お好み焼きやホットケーキを
多めに焼いて冷凍しておいたり、
ピラフや炊き込みご飯も一食分ずつラップに
包んで冷凍しています。


この自家製冷凍食品があれば、
レンジでチンしてすぐ食べられるので、
子どもたちがお腹をすかせて愚図っても
なんとか切り抜けられます。


「少し多めに作るだけ」というほんのひと手間が
後々のピンチを救ってくれるのです。


というのは少し大袈裟ですが、
すぐに食べられるものがあると思うだけでも
気持ちに余裕が生まれます。

3.時にはインスタントも

料理をする時間も元気も、さらには
自家製冷凍食品のストックもないとき。


そんなときには子どもたちが好きな
子供用レトルトカレーが大活躍します。


防災のためにもひとつはストックしておきたい
我が家のお守りです。


ハウス 1歳ごろからの野菜カレー 100g(50g×2袋)×5個
by カエレバ


シンプルライフの参考になります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日もステキな1日になりますように。