シンプルでステキな毎日☆

2歳と6歳の男の子を育てる専業主婦の日記です。シンプルだけど、ちょっとかわいい暮らしを目指して試行錯誤しています。

【子育て】時間に余裕がないときに・・・

f:id:hmoca:20171114120027j:plain


時間に追われることが
すごく苦手です。


時間が迫っていると
必要以上に焦ってしまいます。


自分一人なら、余裕をもって早めに
行動すればいいだけなのですが…。


子どもがいると、なかなか
そううまくはいきませんね。


早く(9時くらいには)寝かせたい・・・


幼稚園バスに間に合うように
余裕を持って家を出たい・・・


そんな母の気持ちはお構い無しで、
時間が迫っていてものんびりと
している我が家の年長男児


「何時には何をする」というのは
毎日言っているし、早め早めに
声掛けもしているのですが。


一向に急ぐ様子もなく・・・


のんびりしていても絶対間に合う
という自信があるようです。


そもそも、急がないと間に合わない
(困る)という概念がないのでしょう。


万が一バスに乗り遅れても、
歩いて幼稚園に行けばいいだけ。


結局、大変なのは母だけで、
息子が困ることは何もないのです。


ある朝のこと。


いつものようにのんびりと
着替えをしている息子に一言。


「急がないと間に合わないよ!」


と言い残し、家事を済ませようと
その場を離れたときのことです。


しばらくして、

「ちょっとこれ何で2枚も着るの?
きついんだけど…。」


そう言いながら、制服のシャツを
2枚重ねて着ようとしている息子が
やって来ました。


普段は1枚しか置いていないのに
週明けで洗濯済みのシャツが
2枚重ねて置いてあったんです。


普通なら分かると思うけど、
2枚も重ねて着ようとするなんて。


子どもってかわいいな。面白いな。


そこで本当なら、

「1枚だけでいいよ。」

って笑いながら言うんだろうけど。


とにかくバスの時間が迫っている。
時間にも気持ちにも余裕がない。


わたしの口からでた言葉は、

「もう!なにやってんの‼」

「時間ないのに、早く脱いで!」

「もー!用事ができなかったー。」
(これは八つ当たり。)


小言のオンパレード。


とてもじゃないけど、笑う余裕なんて
ありませんでした。


息子をバスに間に合うように
無事に送り出してから猛反省。


笑って対応しても、怒って対応しても
かかる時間はたいして変わらない。


むしろ、小言の分だけ余計に時間が
かかっているかもしれない。


朝のスタートでどちらが気分よく
出掛けられたか、一目瞭然なのに。


時間が迫っていても、落ち着いて
ちょっと笑えるくらいの余裕を
持ちたい
と思った出来事でした。


貴重な時間を笑って過ごすのか、
それとも不機嫌に過ごすのか・・・


好きな歌です♪

しゃくしゃく余裕で暮らしたい・・・

運命は必然じゃなく偶然でできてる・・・

死ぬまでワクワクしたいわ~♡
(歌詞)


シンプルライフの参考になります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき
ありがとうございました。



読者登録ありがとうございます♪