読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルでステキなママになる☆

5歳と1歳の息子を持つ専業主婦のmocaが、憧れのシンプルライフを取り入れ、ステキなママを目指すブログ

小さな子どもがいるママでも大丈夫☆ズボラ流かんたんクッキーの作り方

こんにちは。
子育て中でもシンプルに
心地よく暮らしたいmocaです。

お越しいただきありがとうございます。


f:id:hmoca:20170419101734j:plain


5歳の長男と1歳の次男のために
時々、クッキーを焼いています。



お砂糖とバター控えめの
素朴な味のクッキーです。



我が家で使っているお砂糖は
てんさい(砂糖大根)の上白糖です。


f:id:hmoca:20170419101654j:plain


南国で採れるさとうきびからつくるお砂糖は
体を冷やす働きがあるそうです。



一方、北海道で採れるてんさい(砂糖大根)から
つくるお砂糖はその心配がないとか。



お砂糖を替えて1年以上経ちますが、
そういえば冷え性が治ったような。。。
(個人の感想です。)

【メール便送料無料】 北海道産 ビート 上白糖 (1kg) 甜菜糖 砂糖 てんさい糖



どちらにしても、
白砂糖のとりすぎは体によくないですね。



てんさい糖は茶色いものが一般的かもしれません。
(近所のスーパーには茶色いのしか置いていませんでした。)



以前は、茶色いお砂糖の方が
何となく体によさそうだと思っていましたが、
どうやらそうでもなさそうです。



健康のためには、砂糖断ちをした方がいいのでしょうが、甘いもの好きのわたしには無理だろうな。。。



「わたしの体はカフェイン(コーヒー・紅茶)と甘いものでできている」



自慢できることではありません。。。



話がそれましたが、
料理下手なわたしがレシピを見なくても作れる
ズボラ流かんたんクッキーの作り方です。



(材料)

  • 無塩バター  30g
  • 砂糖     27g(大さじ3)
  • 卵黄     1個
  • 牛乳     5g(5cc)
  • 小麦粉    120g
  • ビニール袋  2枚


1.ビニール袋に無塩バターを入れる。


2.バターとは別のビニール袋に小麦粉を入れ、
 空気を入れた袋の口を持ってシャカシャカ振る。
 (粉をふるうためです。)


3.バターが入った袋に砂糖を加え、
 なじませるように袋をモミモミする。
 (袋が破れないようにご注意ください。)


4.さらに卵黄と牛乳を加え、モミモミしたら
 ふるった小麦粉を加えて生地がまとまるまで
 モミモミする。
 (袋にへばりついたバターや卵を全て生地に
 くっつけるようにしてまとめます。)


5.生地がまとまったらビニール袋を切り開いて
 5ミリくらいの厚さにのばし、型抜きする。


6.170℃のオーブン(余熱なし)で12~15分焼く。


(ポイント)

バターを一番最初にはかっておくこと。
(他の材料をはかっている間に柔らかくなります。)


ビニール袋を使うことによって、
洗い物が少なくて済みます。
(計量スプーン等も使いません)


手が汚れないので、合間に小さな子どもの相手が
できます。(型抜き時以外)


わたしは1歳児と遊びながら袋をモミモミしています。
途中でお茶とかこぼしても慌てなくて大丈夫。


型抜きする時間がないときは、
手早くナイフでカットします。


小さな子どもに邪魔される心配がない方や、
洗い物好きな方は、ビニール袋を使わずに 
ボウルを使ってください。


シンプルライフの参考になります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

今日もステキな1日になりますように。