シンプルでステキな毎日☆

2歳と6歳の男の子を育てる専業主婦の日記です。シンプルだけど、ちょっとかわいい暮らしを目指して試行錯誤しています。

天使を預かっています

こんにちは。
子育て中でもシンプルに
心地よく暮らしたいmocaです。

お越しいただきありがとうございます。


f:id:hmoca:20161125000004j:plain


我が家で預かっている天使は2人。
5歳と1歳の男の子天使です。


神様から預かっていて、
一人前の立派な青年になるまで、
わたしが大切に育てるのです。



だけどうっかり者のわたしは、
時々そのことを忘れてしまいます。





毎朝、幼稚園バスのお迎え時間が迫っているのに
なかなかご飯を食べようとしないお兄ちゃん天使。



そしてその後何度も繰り返される、

「お着替えしようね。」

「はーい。」

のやりとり。



足元では赤ちゃん天使がまとわりついて
わたしの行く手を遮っている。



それでも何とか支度を済ませ、
バスに間に合うように家を出る。



右手には重たいゴミ袋を、
左腕には自分で歩きたい赤ちゃん天使を抱えて。



急いでバス停まで歩いて無事にお見送りが終わる。



すると今度は赤ちゃん天使の出番。



お散歩が楽しくて帰りたくないと
ひたすら駄々をこねる。



本当はもっと早く帰って
残っている家事をしたいんだけど・・・



天使がお手伝いをしてくれるから、
家事に余分な時間がかかるし。



天使のお手伝いをかわしつつ
何とか家事やお昼ご飯を済ませると、
もうお兄ちゃん天使が帰ってくる時間。。。



天使が2人になると、
わたしの体が1つでは足りない。



どっちかに気をとられている隙に
もう一方が何かをやらかしていたり。



わたしの取り合いでケンカしたり。



そうこうしているうちに、
夕食とお風呂の準備。



8時半に消灯するため、
大体6時~夕食、7時~お風呂が理想的。



だけど、わたしの思い通りには
なかなか動いてくれない天使たち。



1日の終わりに差し掛かったところで
わたしの疲れとイライラがピークを迎える。





毎日毎日、やるべきことと時間に追われて
大切なことを忘れてしまうのです。



「2人の天使がわたしの元に来てくれた」
それだけで奇跡
だということを。



元気でいてくれるだけで充分幸せなことを。



いつかはわたしのもとから巣立ってしまう、
かわいい天使たち。



限られた時間を大切にして、
楽しい思い出をたくさん残したい。


hmoca.hatenadiary.com





以上、わたしがしばらくの間
ブログを更新できなかった言い訳でした。


⬇シンプルライフの参考になります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

最後までお読みいただき
ありがとうございました。